闇金に手を出して水商売・風俗に落ちていった元同僚OL

私はある会社で、事務員として働いています。私の同僚に20代後半の女の子(Aさん)がいるのですが、Aさんとは趣味が合い、休憩時間やロッカールームで会った時にはよくお喋りしていました。

Aさんはロングの黒髪が似合う清楚な雰囲気の子ですが、ある時から急に洋服や持ち物がブランド物ばかりになり、とても派手になりました。

最初は「誰だってブランド物は好きだもんね。自分で買ったのかプレゼントされたんだろうな」と思っていましたが別の同僚から、「Aさんがどうやら金融からお金を借りてブランド品を買っている」という噂があると聞きました。

どうしてそんな噂が流れたかというと、数日前会社に「○○(金融会社名)ですが、Aさんはいるか」といった電話があったそうです。

その時はAさんは退社していたので電話を受けた方はAさんは不在という事と、よろしければ伝言しておくと相手へ伝えたようですが、相手は「じゃあAに早く返すように言って」とだけ言い、そのまま電話は急に切られたとの事です。

後日電話を受けた方がAさんにこんな電話があったと伝えると、Aさんがその場で泣き出してしまったようです。

そしてその時に「ブランドのバッグや洋服が欲しかったけどお金が足らないから金融から借りた。でもそこが闇金で利息もすごいし返しても返しても減らない、自宅にも毎晩電話がかかってくる、金融会社が、勤め先の電話番号を教えろというから正直に書いてしまった、会社にも行くと脅されてる。ストレスでまた違う闇金で借りてブランド物を沢山買ってしまう」と言っていたそうです。

一度目の会社への電話の後も数回その闇金から電話がかかってきた事もあり、上司との話合いの結果、会社に迷惑がかかるからとAさんは自主退社する事になりました。

上司がAさんのご両親に連絡したそうですが「そんな借金持ちはいらない」と怒鳴られたそうです。

Aさんは退社した後、普通の仕事では借金が返せないからと水商売をしているそうです。

「○○(風俗店)に行ったらAがいた」と男性の同僚が話しているのを耳にしました。

闇金で無計画に借りたばかりにAさんは大変な目にあってしまいました。借りるにしても、もっとちゃんと考えればよかったのに、と思います。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年5月23日 10:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社会人1年目の新生活で闇金からお金を借りたら大変なことに」です。

次のブログ記事は「パチンコ狂いの夫のせいで食費も生活費もない苦しい結婚生活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja