友人にダマされて闇金からお金を借りることに

クソッたれな友人にお金を借りた話をしようと思います。

私は、とある事業を行うために資金集めをしていたのですが、銀行には断られ、ヤミ金を使うのも怖いし嫌でしたので、友人周りをしていたのですが、その中で奇特にも金を融通してくれる友人がいたのです。

世の中捨てたものではないと思いつつ、契約書つきというのが気になりましたが、お金の問題ですので承諾にサインしました。

店の事業も順調とは言えませんでしたが、なんとか食らいついていける程度の稼ぎはありましたし、将来の展望も、ある程度、見えかかったころに一通の封筒が届きました。

それは、借金の催促上でした。友人のものかと思い中身をみると、返済額が借入額の倍以上に膨れ上がっていました。

さすがにいたずらだと思い放置していましたが、後日、借金取りが押し寄せてきたのです。

ここで私は友人に騙されたと気づきました。

彼は、ヤミ金の営業で、契約書も重要な部分を隠して契約させたのです。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年4月30日 15:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サラ金で限度額一杯になった後にお金を借りるところ」です。

次のブログ記事は「パチスロ大好き 消費者金融も借りられず闇金に手を出した結果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja