2014年5月アーカイブ

私はある会社で、事務員として働いています。私の同僚に20代後半の女の子(Aさん)がいるのですが、Aさんとは趣味が合い、休憩時間やロッカールームで会った時にはよくお喋りしていました。

Aさんはロングの黒髪が似合う清楚な雰囲気の子ですが、ある時から急に洋服や持ち物がブランド物ばかりになり、とても派手になりました。

最初は「誰だってブランド物は好きだもんね。自分で買ったのかプレゼントされたんだろうな」と思っていましたが別の同僚から、「Aさんがどうやら金融からお金を借りてブランド品を買っている」という噂があると聞きました。

どうしてそんな噂が流れたかというと、数日前会社に「○○(金融会社名)ですが、Aさんはいるか」といった電話があったそうです。

私は、社会人一年生の時、親から独立。一人暮らしを始める事になりました。引っ越した先は親とは、遠く離れ、周りには友だち一人いませんでした。

そんな中、はじめは借金やクレジットカードの怖さをよく分かっているつもりでした。なので、お給料の範囲で余裕をもって生活するよう節約をしていました。

しかし、新しい土地で、友だちや会社の同僚と仲良くなり飲みに行くことが増えました。あまり慣れていないお酒を飲むと、気持ちが大きくなり、お金遣いも荒くなっていきました。

もともと、薄給でしたから、たがが外れてしまえば借金して補てんするしかなくなっていたのです。

 私の思い出したくもない出来事はほんの社会人に成りたてのときに起こりました。 

私は新卒で社会人になり、その会社の上司と仲良くなり、入社して三か月のある日週末を利用してパチンコに行くことになりました。

私は大学時代に一度友人とパチンコに行ったことがありましたが、そんなに良い思いをした記憶はなく、もう人生で行くことはないだろうと思っていましたが、まさか大学よりも厳しい世界であろう社会で入社して早々上司とパチンコに行くことになるとは思ってもいませんでした。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja