社会人1年目の新生活で闇金からお金を借りたら大変なことに

私は、社会人一年生の時、親から独立。一人暮らしを始める事になりました。引っ越した先は親とは、遠く離れ、周りには友だち一人いませんでした。

そんな中、はじめは借金やクレジットカードの怖さをよく分かっているつもりでした。なので、お給料の範囲で余裕をもって生活するよう節約をしていました。

しかし、新しい土地で、友だちや会社の同僚と仲良くなり飲みに行くことが増えました。あまり慣れていないお酒を飲むと、気持ちが大きくなり、お金遣いも荒くなっていきました。

もともと、薄給でしたから、たがが外れてしまえば借金して補てんするしかなくなっていたのです。

世間知らずの私は、テレビで、コマーシャルをしているようなところではなく、いわゆる闇金に手を出していました。

そこからは、毎月、少しづつのつもりがいつの間にか、とんでもない額の請求書がきました。もう、返せる見込みはありませんでした。

会社にばれるのも、新しくできた友だちにも相談できずしばらく放置。しかし、放置すればするほど、額は増えるし、電話や家への嫌がらせが始りました。どうしようもなくなった私は、結局実家に相談し、弁護士さんと相談し返済できました。

生活費を、借金で補てんするようになれば、もうどうしようもないのです。親に迷惑をかけましたが、親がいなければどうなっていたかわかりません。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年5月23日 10:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パチンコにハマってお金を借りたのが恐ろしい闇金業者だった」です。

次のブログ記事は「闇金に手を出して水商売・風俗に落ちていった元同僚OL」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja